加齢臭の原因と対策を研究する加齢臭専門サイトです。

加齢臭専科|加齢臭の原因と対策方法は?おすすめのアイテムもご紹介

加齢臭対策方法

もう我慢できない不退転の決意!専業主婦が挑む加齢臭対策レシピ

もう我慢できない不退転の決意!専業主婦が挑む加齢臭対策レシピ

「35歳の専業主婦です。夫(38歳)の加齢臭に悩んでいます」

ご主人には加齢臭のあることを伝えたのですか?

「最近おジン臭くない?みたいにいってみたのですが、その後、ものすごく気にしてしまったようで、それ以上はちょっと。できれば本人に知らせずに加齢臭対策をやりたいと思って」

本人の自覚がないと難しいのですが……奥さんはお料理は得意ですか?

「はい」

では、加齢臭を軽減できるレシピを考えてみましょう。
ご主人、メタボは?

「少し気にしているようです」

ちょうどいいですね。
ご本人には、メタボ対策メニューだ、ということにしておきましょう。

実際、加齢臭対策メニューはメタボや成人病予防の歳対策にもなりますから。

加齢臭の起こる原因

「そもそも加齢臭ってなぜ起きるのですか」

加齢臭の元は皮脂です。
皮脂は毛穴にある皮脂腺から分泌される皮膚や髪の毛を保湿して保護する大切な物質です。

皮脂には皮膚を構成するのに不可欠の不飽和脂肪酸が含まれていて、これが皮脂腺から出て皮膚常在菌や過酸化脂質、紫外線によって分解されると加齢臭の原因物資・不飽和アルデヒドが生まれます。

不飽和アルデヒドと汗や垢が混じり合うと、加齢臭独特の嫌なニオイが発生します。

「加齢臭ってなぜ男性にだけあるのでしょう?」

男性特有の加齢臭発生源もありますが皮脂の分泌は男女共通です。
ただ、男性の方が皮脂の分泌量が多いのと、女性に比べて抗酸化力が弱いためニオイがきつくなります。

「体臭と加齢臭は違いますか?」

体臭には、先ほどのメカニズムで起きるものと汗が酸化して起きるものがあります。
加齢臭は体臭の一種です。

若いときは皮脂の分解を防ぐ抗酸化力が強いため、皮脂の分解はあまり起こりません。
歳と共に抗酸化作用が弱り酸化する皮脂が増えて加齢臭がひどくなります

食生活を改善しましょう

「歳とともに衰える抗酸化作用をサポートする食べ物をレシピに加えていけばいいんですね」

そうです。
同時に加齢臭を増やす働きをする食材を減らしていきましょう。

どんな食材がいいのか見ていきます。

加齢臭を増長する食べ物

食生活を改善しましょう

加齢臭の原因である過酸化脂質が含まれているものと、身体の老化を進めてしまう活性化酵素が増える食材は減らしていきましょう。

過酸化脂質の多い食材

肉類

特に脂身の多い肉は要注意。動物性脂肪はタンパク質が腐敗してニオイの元になります。
腸内フローラの悪玉気によって分解されるとアンモニア臭を発生させます。

チーズ・バターも動物性脂肪です。
また動物性タンパク質は消化に多くのエネルギーを使うため食べると体温が上がり、汗をかきやすくなります。

汗は体臭の元です。

リノール酸が成分に入っている油

通常のサラダ油や植物油です。
とりすぎるとコレステロールや中性脂肪が増え、加齢臭の元である過酸化脂質に変化します。

特に古い油はその時点で酸化しているので、外食やお惣菜コーナーの揚げ物は避けましょう。

ニンニク、ネギ、ニラなど

健康上からはある程度とりたい食材ですが、特に生に近い形でとると体臭がひどくなり、胃腸も荒れます。

辛い食べ物

身体を温め新陳代謝を促進する食材です。
とりすぎは汗をかきすぎますし口内から大腸、肛門まで荒れてしまいます。

活性化酸素

トランス脂肪酸を含む食材は活性化酸素を発生させやすいので要注意です。
マーガリンやショートニングはその代表格です。

袋物のスナックやお菓子といったジャンクフードにはどちらもタップリ使われています。

アルコール

アルコールが体内で分解されるとアセトアルデヒドになります。
これは加齢臭の原因物質不飽和アルデヒドの仲間で体臭、口臭の元です。

またアルコールが肝臓で分解されるときに活性化酸素が発生します。

加齢臭を抑制する食べ物

加齢臭を抑制する、つまり抗酸化力と免疫力をアップする成分を含んだ食材を積極的に取り入れましょう。

抗酸化作用・免疫力アップの効果を持つ栄養素

抗酸化力、免疫力をアップするために必要な栄養素は

フィトケミカル

ポリフェノール、カロテノイド、リコピン、ペクチン、セサミン

ビタミン

ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンE

ミネラル

セレン、亜鉛

などです。

これに食物繊維、不飽和脂肪酸、アルカリ性食品、腸内環境を整える成分乳酸機やオリゴ糖を含む食材を加えていきましょう

加齢臭対策レシピ

加齢臭対策レシピ「栄養から考えなくてはいけないなんて、なんだか大変そうですね」

難しく考える必要はありません。
要は肉と油中心の食事から野菜と魚介類(海藻も含みます)に変えていけばいいだけです。

「どんなメニューがいいでしょうか」

では、焼き物、煮物、汁物をそれぞれ何品か考えてみましょう

焼き物

なるべく飽和脂肪酸の含まれるイワシやアジ、サバといった青魚を選びましょう。

塩焼き

塩を振ってからバットやザルの上に置いて20分以上斜めにしておくと臭みが抜けます。

照焼

醤油と味醂、お酒を合わせたタレをつけながら焼きます

蒲焼き

甘辛の醤油ダレで鰻の蒲焼き風に仕上げます。
フライパンを使えば簡単です。

粕漬け、味噌漬け、幽庵焼き

それぞれ酒粕、味噌、醤油と柑橘類の絞り汁を混ぜたものに3時間以上つけてからフライパンで焼きます。

ムニエル

軽く小麦粉を振って。
バターでなくオリーブオイルを使いましょう。

フライ

オリーブオイル、ゴマ油、グレープオイルなど不飽和脂肪酸の油を使います。
フライパンに浅く油を引いて片面ずつ焼くように揚げれば、油の量が少なくて済みます。
揚げ油は使い回さないこと。

野菜

野菜のステーキ

大根やニンジン、レンコンなどの根野菜は照焼や蒲焼きのタレでステーキ風に焼くと満足度があり、メインになります。
大根は下煮をしておきます。

揚げ出し豆腐

揚げだし豆腐をつくるときは、大根や蕪も一緒に衣をつけて揚げ煮にしましょう。

煮物

塩煮(潮煮)

塩水で煮るだけです。

梅干し煮

青魚を醤油、酒、梅干しで煮ます。
仕上げの味醂はお好みで。
梅干しもおかずになります。

味噌煮

味噌を酒または味醂(水でも可)で溶いて魚を煮ます。

トマト煮

オリーブオイル、鷹の爪、ニンニクで焼いて、トマト缶を加えて煮ます。

汁物

・味噌汁
・おすまし
・具だくさん
・ボタージュ(スムージー)

「これらを組み合わせていくんですね」

そうです。出汁を工夫して

・和風……カツオと昆布
・精進……昆布と干し椎茸
・チキンストック

の3種類を使い分けてください。
和風と精進は水に材料をつけて冷蔵にいれておけば次の日から使えます。

3日は持ちます。
チキンストックは多めにつくって冷凍しておきます。

フリージングパックにいれて平らに冷凍すれば必要な分だけ折って使えます。

「野菜を煮るときにチキンストックを使えば洋風になりますね」

同じ材料とレシピでも出汁が違うだけでバリエーションが増えます。
メインディッシュに海藻類の酢の物、野菜のヨーグルト和え、梅和えなどを加えればバッチリです。

食材には切り干し大根、ヒジキ、干瓢といった乾物も取り入れてください。
大根には脂肪を排出する効果、ニンジンは体臭を抑える効果があるといわれています。

まとめ

「一度、お肉を頭から外せばいいのですね」

極端にメニューを変えるとご主人がついてこないと思います。
トンカツを揚げるなら野菜も一緒に揚げる、薄い肉を使って間に野菜を挟む、野菜に巻きつけるなど徐々にシフトしていくことも肝心です。

食事改善による効果が出るには時間がかかるので、それを補うため加齢臭対策サプリを補助的に使うのがいいと思います。
食事改善の効果が出始めても足りない分の有効成分をサプリで補うのがおすすめです。

あとはご主人と一緒に軽い散歩からでもいいので有酸素運動を始めましょう。

「内緒にしている分、こちらが積極的に加齢臭対策に取り組んで巻き込んでいかなくてはダメですね」

その通りです!

-加齢臭対策方法

Copyright© 加齢臭専科|加齢臭の原因と対策方法は?おすすめのアイテムもご紹介 , 2020 All Rights Reserved.